RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 住宅ローン減税で儲ける!?制度の主旨が違う! | main | 三井住友銀行・・・ネットバンク未利用、新規口座開設者に手数料。 >>
住宅ローンの完済年齢が上昇!平均73歳。
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 10/5の日経新聞の記事によると、2020年度の住宅ローン利用者が完済を計画する年齢は平均73歳だとのこと。


 20年前の2000年度の利用者は、68.3歳とのことですので、20年間で5年も遅くなっています。


 理由は、第1に、晩婚化。
 結婚年齢が遅くなると、第1子が生まれるときの年齢も遅くなり、マイホームの購入を検討する時期も遅くなります。

 第2の理由は、超低金利を背景に住宅価格が上昇し、住宅ローンの借入額が多くなったこと。そして第3の理由は、借入額の上昇に伴って、返済期間が長期化したこと。

 なぜ、超低金利になると住宅価格が上昇するのでしょうか。

 毎月の返済額が同じ場合、金利が低いほど、毎月返済額に占める利息額が少なくなり、反対に元金返済額が多くなります。
 つまり、毎月返済額が同じなら、金利が低いほど、高価格の住宅が購入できることになります。

 借入額がアップすると、返済期間をできるだけ長くして、毎月の返済額を抑え、家計が圧迫されないようにしようと気持ちになります。


 ハウスメーカーやマンション業者、工務店が、顧客に提示する返済計画案は、いつでも、誰にでも、変動金利タイプの超低金利、返済期間は最長の35年を前提としたものの1案だけです。

 固定金利タイプや、返済期間を20年や30年にした良心的な2案、3案は決して提示されることがありません。


 定年年齢よりもはるか先が完済年齢になっている住宅ローンを返済している方は、ぜひ、定年年齢時の住宅ローン残高の試算をしてみてください。

 日経新聞によると、60歳時点のローン平均残高は、20年前の700万円から2020年には1,300万円超に増えているとのこと。

 60歳時ローン残高が多いと、人によっては、退職金全額を充当しても、住宅ローンが完済できないのではないでしょうか?

 そうなると、退職金で住宅ローンを減らしてもなお、残ったローン返済のために、定年後に再雇用やパートで収入を得る必要があります。

 では、夫婦の老後の生活資金はどうしますか?

 公的年金だけでは、老後に普通の日常生活を送るにまったく足りません。

 公的年金の不足分と住宅ローンの返済を、定年後の勤労収入で確保することができますか?
| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |