RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 自己資金を住宅ローンの頭金にせず、生命保険に加入するのはNG! | main | 2019年の給与は7年ぶりに減少! >>
コロナの影響!地価下がる!
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 今年7月1日時点の地価は、前年に比べ、下がりました。


 国土交通省が9/29に公表した2020年の基準地価(7月1日時点)は、全国のすべての用途で3年ぶりに下落しました。

 下落の主な理由は、新型コロナウイルス。


 さて、基準地価の前年からの変動率を以下に記すと・・・・

 全国の住宅地:▲0.7%
 全国の商業地:▲0.3%

 東京圏の住宅地:▲0.2%
 東京圏の商業地:+1.0%

 大阪圏の住宅地:▲0.4%
 大阪圏の商業地:+1.2%

 名古屋圏の住宅地:▲0.7%
 名古屋圏の商業地:▲1.1%

 地方圏の住宅地:▲0.9%
 地方圏の住宅地:▲0.6%


 住宅地も値下がりしていますので、過去数年と比べると、住宅は買い時なのかもしれません。


 さて、もっと興味深いデータを記しましょう。

 東京の住宅地の価格を100とした場合、他の道府県の住宅地はどれくらいか?


 最も高い県が神奈川県で47.4。

 東京の住宅価格がいかにバカ高いかがわかりますね。

 大阪府:39.9

 愛知県:27.6

 いちばん低いのはどの県だと思いますか?



 秋田県:3.5


 東京都の収入で、住まいが秋田県なら、とても豊かな暮らしができそうです。

 社会人になって地方から東京に出てきた人は、東京のマイホームの価格にで肝を抜かれます。東京でマイホームを取得するのは、バカらしいとも思います。

 しかし、長く住んでいると、だんだん麻痺してしまって、やがて物件探しをしてしまうのです。
| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |