RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 確定拠出年金(DC)導入企業が3万社超。加入者は700万人超。 | main |
「所有者不明土地」・・・あなたも土地所有者かもしれない!
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 最近、ニュースや新聞で話題になっている「所有者不明土地」。

 どんな土地かといえば、「不動産登記簿等の所有者台帳によって、所有者が直ちに判明しない、または、判明しても所有者に連絡がつかない土地」のこと。


 現在、不動産登記簿は、相続などによって所有者が代わった場合でも、登記変更(名義変更)しなければならないルールになっておりません。

 そのため、登記簿をみると、明治時代に亡くなった「大久保彦左衛門」さんが登記簿に所有者として記載されているような例が後を絶たないのです。

 大久保彦左衛門さんに、子供が5人いたとしましょう。
 とすると、大久保彦左衛門さんが亡くなったとき、土地の所有者は相続人の5人。
 この5人の子供にそれぞれ子供が3人いたとしましょう。
 土地の所有者は15人になります。
 この15人に3人ずつ子供がいると、、、所有者は45人。
 45人に5人ずつ子供が、、、、所有者は225人。
 ・・・・・・

 こんなふうに、大久保彦左衛門さんの土地の所有者は、相続等によって鼠算式に増えていくのです。

 なお、実際には、大久保彦左衛門さんが死亡した時点の所有者は奥さんと子供の5人ですが、その後、遺産分割協議を6人で行って、長男の忠名さんが相続することに決まったら、所有者は忠名さんになります。

 しかし、登記簿上に名義変更していなければ、第三者にはわかりません。
 ましてや、3代目、4代目、5代目となると、何が何やら、さっぱりわからなくなるのです。


 国土交通省の資料によると、土地の所有者が多くて困っている例が記載されていますが、行政がある場所で河川改良工事をしようと思って、対象となる川沿いの土地の所有者を調べてみたら、その土地の相続人が、実に242名いたというもの。

 行政は、土地の取得交渉をする前に、誰が相続人なのか、相続人がどこにいるのか、など調べなければなりまえん。
 さらに、相続人全員の合意がなければ、その土地を取得することはできません。


 所有者不明土地は、現在全国で20.3%。
 面積では、410万円ha。
 九州の土地面積が368万haですので、それよりも広いのです。


 この問題のさらなく拡大を防ぐため、相続したときの登記(名義変更)の義務化が行われる方向です。


 なお、大久保彦左衛門は、戦国時代から江戸時代前期の武将で、お墓は、愛知県岡崎市の長福寺にあります。


----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」:無料:読者数5,000人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんにメルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |