RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 大企業の社員が加入している健康保険組合が解散するかも!? | main | お金がらみのサラリーマン川柳。 >>
NISAの2014年投資分の非課税期間が今年で終わる。
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 2014年にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。

 この制度は、毎年一定額の投資資金による投資による収益に最長5年間税金がかからない仕組みです。


 1年あたりの投資非課税枠は、現在は120万円ですが、2014年は100万円でした。


 2014年に100万円の資金で投資信託を購入したとしましょう。
 そのままずっと保有しつづけた場合、今年2018年12月末で、非課税期間が終わります。

 そのあと、どうするか?

 金融機関が同じで、2019年も継続してNISA制度を使う(つみたてNISA制度を使わない)場合は、ロールオーバーをするかしないか、を選択することになります。

 ロールオーバーとは、資産を移管することです。

 ロールオーバーをしない場合、2014年に100万円で投資をした投資信託は、特定口座などの課税口座に移すことになります。
 5年間で130万円になっていたら、130万円分の投資信託が課税口座に入ってきます。
 その後、値上がりすると130万円を超えた部分が利益になり税金がかかります。値下がりすると、130万円を下回った部分が損失となります。

 2019年NISA口座では、新たに投資非課税枠120万円まで投資をすることができます。


 ロールオーバーをする場合は、2018年末の資産を全額、2019年のNISA口座に移管して引き続き保有することができます。

 たとえば、2014年に100万円で投資をした投資信託が、2018年末に200万円になっていたら、2019年のNISA口座にすべて移管できます。2019年の投資非課税枠120万円を超えていても構いません。
 その後、2014年までの5年間が引き続き非課税期間となります。

 では仮に、2018年末に50万円になっていたとしましょう。その場合、この50万円を全額2019年のNISA口座に移管し、その年は、さらに投資非課税枠120万円に達するまでの70万円の投資資金を使って新たな投資をすることができます。


 2014年に使っていた金融機関とは別の金融機関のNISA口座を2019年に使いたい場合は、金融機関がちがうためロールオーバーはできません。以前の金融機関に2019年のNISA口座を開設しなおす必要があります。

 また、NISA口座とつみたてNISA口座は併用できませんので、同じ金融機関であっても、2019年にロールオーバーをしたい場合は、2019年のNISA口座を開設しなおす必要があります。


 なかなか複雑なことが、おわかりいただけたでしょうか?


----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」:無料:読者数5,300人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんにメルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。


| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |