RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 高齢者の日常生活の事故、6割が自宅。 | main | 首都圏の中古マンション。初の3,000万円超!? >>
イデコの金融機関選びのポイントは?
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

「iDeCo(イデコ)」(個人型確定拠出年金)が世の中に定着しつつあると、日頃からこの種の情報に触れている私たちは感じるのですが、一般的にはほとんどの人がこの制度を知りません。


 積み立てによる資産運用によって有利に資産形成ができる仕組みです。
 大きな税制優遇があるので、有利な運用ができるのですが、そのかわり、
原則60歳まで引き出してお金を使えないという制約があります。

 勤務先が確定拠出年金制度を導入している場合、社員が個人でイデコに加
入できるようにしている会社はそう多くありません(なかには、できるとし
ている会社もあります)。

 勤務先が確定拠出年金制度を導入していない会社の社員、あるいは、自営
業の人、専業主婦の人、公務員の人は、イデコに加入できます。

 イデコをスタートするには、まず、自分で金融機関を選んで、イデコ口座
の開設手続きをする必要があります。

 そして、毎月の掛金をどの金融商品で運用するか、商品の選択をする必要
があります。運用商品のラインナップは、金融機関によってまちまちです。


 金融機関選びの最大のポイントは、以下の2つ。

・口座管理手数料などのコスト(コストが安いほうがいい)

・商品のラインナップ(運用したい商品がラインナップされているか?)

 金融機関選びの参考にしていただけるサイトがあります。

 iDeCoナビ(個人型確定拠出年金ナビ)



----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」:無料:読者数5,300人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんにメルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |