RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< ペイオフ対策のとっておきの方法。 | main | 夫婦のお小遣い。2年ぶりに増加!! >>
今後の相続税対策は、最初から二次相続を考えることがポイント!
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 2015年から相続税の課税対象が拡大したため、それまで以上に多くの方たちが、相続税を払わなければならなくなりました。

 それまでは、遺族が相続税を払わなければならいほど財産を持って亡くなる人は、死亡者100人に対して、4人程度だったのですが、2015年以降は、死亡者100人に対して8人程度になっています。


 これは、2014年までよりも2015年以降のほうが、たくさんのお金持ちが亡くなっているということではありません。

 2015年以降は、それまでよりお金持ちでなくても、死亡すれば遺族に相続税がかかるようになったのです。


 細かい話は抜きにして、ざっくり言いましょう。

 亡くなった方の全財産(課税価格)が、「3,000万円+遺族の人数×600万円」を超えていると、相続した遺族は相続税を払わなければなりません。

 夫が亡くなって、遺族が妻と子供2人の場合、夫の財産が3,000万円+3人×600万円=4,800万円超の場合、相続する遺族には税金がかかるのです。

 自宅や金融資産を含めた財産が、この金額を超える方は、相当数いらっしゃるのではないでしょうか?・・・ざっくり100人のうち8人程度は。


 先の家族構成の例で、夫の財産が4,800万円ピッタリだったとしましょう。この場合、非課税限度額の範囲内なので、遺族3人でどのような配分で相続しても、相続税はかかりません。

 なので、とりえず、妻が4,800万円全額を相続し、子供2人の相続財産は0円としましょう。


 しばらくして、今度は妻が亡くなります(これが「二次相続」)。

 夫婦のうちのどちらかが先に亡くなったときの相続を「一次相続」、次に
他方が亡くなったときの相続を「二次相続」というのです。

 妻の財産が4,800万円の場合、「3,000万円+遺族(子供2人)×600万円
=4,200万円」を600万円超過していますので、相続する子供には相続税が
かかることになります。


 最初の相続(一次相続)のときに、夫の財産4,800万円を、妻4,200万円、
子供2人で合計600万円相続していたらどうでしょう。

 二次相続で妻の財産が4,200万円の場合、子供2人には相続税がかかりま
せんよね。


 おわかりいただけましたか?

 一次相続の際に、やがて来る二次相続のことまで考えて相続財産の配分
をしておけば、相続税を払わなくてすむ、あるいは、トータルで払う相続税
を少なくする工夫ができるということです。


「亡くなったお父(母)さんの財産は、とりあえず全部お母(父)さんに」
ということでは、払わなくてもいい税金を将来払う必要が出てくる可能性が
あることに注意が必要です。


 とはいえ、現実的には、一次相続で子供もいくらか財産を相続したほうが
いいことを母(父)に説明したり、理解を求めるのは、なかなか困難なこと
でありましょう。

----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」:無料:読者数5,400人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんにメルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。


| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |