RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 「ふるさと納税」駆け込み需要。 | main | 給付型奨学金。1校最低1人に。月3万円が軸に。 >>
「配偶者控除」はこうなりそう?
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 まだ、決まったわけではありません。
 案が決まるのは、今のところ12月8日の予定のようです。

 現在、与党内で検討が進んでいますが、2018年以降、パート主婦は年収150万円まで働いても、ご主人がこれまで通り、38万円の「配偶者控除」を受けることができるようになります。


 これまでが103万円でしたので、大幅な拡充です。

 年間であと47万円分働けるということは、月約4万円ですか。
 家計にとっては、プラスになりますね。

 小学生以上の子供がいるなど、子育てが一段落して、今後の子供の教育費のために夫婦揃って頑張らないといけない家庭にとって、朗報なのではないでしょうか。

 ただ、年収106万円、あるいは年収130万円以上からは、厚生年金保険料や健康保険料・介護保険料が主婦の給与から差し引かれはじめたりしますので、必ずしも一本調子で手取り額が増えるわけではありません。

 パート主婦の年収が150万円を超えると、徐々に控除額が減っていく仕組みがとられそうです。
 現在の「配偶者特別控除」の仕組みと似たものですね。


 なお、これらは、夫の年収が1,120万円を超えると38万円の「配偶者控除」が受けられなくなるか、段階的に縮小することになりそうです。


 これまで「配偶者控除」には夫の年収制限がありませんでした。
「配偶者特別控除」には、夫の年収1,000万円以下という制限がありました。

 今度は、「配偶者控除」にも夫の年収制限を加えることになるということです。

 夫の年収が1,120万円以下か、超か?によって、妻が年収150万円まで働くか、を検討することになりそうです。

 なかなか、やっかいですね。


----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」:無料:読者数5,700人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんに毎朝メルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |