RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 物価は2018年度には2%上がるか!? | main | 収入が多いほど老後の厚生年金が多いわけではない!! >>
一転、「配偶者控除」が拡大!?
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 そうしますか?・・・という印象です。

 過去何年もの間、働く女性と専業主婦(パート社員含む)の不平等を是正するためにも、専業主婦やパート社員にもっと意欲的に働いて稼いでもらうためにも、「配偶者控除」(妻の年収103万円までは、夫の税金が軽減される仕組み)を撤廃しようという議論がなされてきたとのではなかったかと思うのですが・・・・・

 それが一転、「配偶者控除」を拡大する方向で決着が図られることになりそうです。・・・つまり優遇を拡大する方向です。

 確かに、配偶者控除という税制優遇を取っ払ったとしても、パート主婦がもっと稼ごうと思うかというと、「?」でした。
 なぜなら、「年収106万円」や「年収130万円」という社会保険料がかかり始める基準があるからです。
 つまり、「年収103万円の壁」を取っ払って税金の壁をなくしても、そのすぐ先に、社会保険料の「106万円の壁」、「130万円の壁」があるため、多くのパート主婦は、この年収を超えないように仕事をセーブするでしょう。


 税制と社会保険料の仕組みがこんがらがっています。さらに、主婦に積極的に働いてもらうには、待機児童問題など、他の問題も複雑にからんでいます。

 そんなこんなで、何をどう変更するにしても、負担が増える方向で変更すするとパート主婦の不満が大きくなります。

 丸く納めるためにはと、優遇を拡大するほうで決着が図られることになったようです。

 具体的には、現在の配偶者控除の基準となっている「年収103万円」を「130万円」あるいは「150万円」にまで大きくすることになりそうです。


 最終的には今後詳細が決められるようですが、これまでまったく報道されていなかった「配偶者控除」の改革案が出てきたことに驚きましたね。


----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」より週数回:無料:読者数5,700人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんに毎朝メルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 11:04 | comments(0) | - |