RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 退職金の税制優遇はすごい! | main | 住宅ローンの繰上返済には2つの方法がある! >>
加入する医療保険の条件。
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 人それぞれ見解はあるでしょうが、個人的には「医療保険」は加入しておいたほうがいいと思います。

 もちろん、医療保険による病気やケガで入院・手術のときの保障は、所詮お金です。したがって、お金持ちの人は加入する必要がないことは言うまでもありません。


 お金持ちでない方、家計が厳しい方ほど、医療保険に加入したほうがいいですね。万が一のときの想定外の支出に対応できなくなりますから。


 ただ、どんな医療保険でもいいかというと、そうでもありません。

 以下に、加入すべき医療保険の条件を記載します。

■終身保障

 保障が一生涯続くこと。
 病気やケガで入院・手術が必要になるのは、中高年期です。その頃に備えて終身保障がいいでしょう。
 高齢期になると公的医療保障が充実してきますが、昨今も議論されていますように、高齢者にも応分の負担をしてもらう方向で話が進んでいます。つまり高齢期の負担は増える傾向があります。それにも備える必要があります。


■入院給付金は最低5,000円

 1日当たりの入院給付金は、5,000円はほしいところ。
 最近の医療保険のパンフレットは、10,000円のものが多いですが、それでも構いません。
 ただし、5,000円と10,000円では、月々の保険料が倍くらい違います。

 最低5,000円は必要だと思いますが、それよりも多くなくてもよいのではないかと思います。

■1入院の支払い限度日数は60日

 1回の入院で給付金が払われる限度は、60日までが妥当でしょう。
 近年は、厚労省の政策もあり、入院は短期化しています。


・・・・おもなことでいうとこの程度なのですけれど、おまけ付け加えると、以下です。


■保険料払込期間は、40歳までは「60歳払済」

 終身保障の保険の保険料の払い方にはいくつかのパターンがあります。
「終身払」・「60歳まで払」・「65歳まで払」など・・・・・。

 支払い期間が長ければ長いほど、1ヶ月分の保険料は安くなります。

 ただ、「終身払」を選択すると、一生涯払い続けなければなりません。
 したがって、40歳以上の方だと、月々の保険料の負担感が小さい「終身払」がいいと思いますが、40歳までの方なら、「60歳まで払」がいいと思います。

 保険料を支払うのは60歳までですが、保障は一生涯続きます。
 高齢期に保険料を払うと考えると、負担感が増します。



 保険料が安いことから、県民共済や都民共済に入る方、職場の団体保険に入る方がいますが、これらは終身保険でないことに注意が必要です。

 しかし、ダメというわけではありません。
 その頃は、貯蓄で対応できるようにしておけばいいわけですので。


----------------------------------------------

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」より週数回:無料:読者数5,800人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんに毎朝メルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:京王線・国領駅すぐ。

  ※ご希望があれば、「新宿」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |