RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 株や投信の損益と配当金、分配金を相殺する!! | main | 物価上昇率が+2.5%なので、一段の金融緩和があるかも? >>
「72の法則」
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 世の中には、「フレミング右手、左手の法則」、「ハインリッヒの法則」、「マーフィーの法則」、「ランチェスターの法則」、「メラビアンの法則」などなど、さまざまな法則がありますが、今日ご紹介する「72の法則」も覚えておいて、決して損のない法則。



 ただ、覚えておいても、毒にも薬にもならない法則でもあります。


「72を金利で割ると、運用資金が倍になるまでの年数がわかる」というものです。

 現在の1年満期の定期預金金利は、平均的には0.025%。

 72を0.025で除してみましょう。

 答えは、2,880と出ました。

 つまり、100万円を銀行に預け入れて、0.025%の金利で200万円に増えるまでには、2,880年がかかるということ。

 ね。・・・毒にも薬にもならないでしょう。



 先週の2月17日、インドネシアの中央近郷は、政策金利を0.25%引き下げて、7.50%にしました。


 72を7.5で除してみましょう。

 答えは、9.6と出ました。

 つまり、資金が倍になるのにかかる年数は、10年足らずだということ。


 いかがでしょう?

 わが国の金利がいかに低いかがおわかりいただけましたでしょうか?



 なお、日本銀行が金融政策の目標と定めている物価上昇率2.0%が続くとすると、、、、、、、

 72を2.0で除した答え、36年で資産の価値が半分になることがわかります。

 物価上昇率2.0%のなか100万円を何もせずにそのままおいておけば、ものの値段が36年で倍になるので、100万円は、今の50万円の価値にしかならなくならなくなります。


----------------------------------------------

■FP中村宏の著作「老後に破産する人、しない人」KADOKAWA中経出版 1,512円。発売中!!

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」より平日毎日:無料:読者数6,000人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんに毎朝メルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:東京・JR東京駅八重洲北口改札より徒歩4分。
          東京メトロ東西線大手町駅より徒歩3分。
  ※ご希望があれば、「新宿」、「調布」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(2) | - |
ますだ様

いつもメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。
| FP中村 | 2015/02/27 9:52 AM |
ブログがある事を初めて知りました。
メルマガはもう5年ぐらい読んでるのに…
いつも勉強になります。
ありがとうございます^_^
| 愛媛県人ますだ。 | 2015/02/25 11:21 PM |