RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Work works. BLOG

<< 今年もよろしくお願いします!! | main | 住宅取得資金贈与の非課税特例が延長、拡大! >>
NISAの非課税投資枠の拡大、子ども版NISAは、来年からですよ。
 FPオフィス ワーク・ワークス ファイナンシャルプランナー(CFP)の中村宏です。

 年末に公表された平成27年度の税制改正大綱。
 公表されたのは12月30日。
 総選挙の影響で、いつもなら12月中旬に公表されるはずが、延びたのです。

 この中には私たちの生活に密着した税制の変更点や新しい仕組みが記されています。しかし、遺憾なことに、素人の人が見ても、ちっともわかりません。

 ちんぷんかんぷん・・・言葉が難しく、言い回しも難解です。

 この大綱には、NISA(少額投資非課税制度)に関する記載があります。
 まず、NISAのおさらいをしておきましょう。

 1年間で100万円までの投資資金で株や投信などのリスク資産に投資をする場合、5年間に渡って収益が非課税になる優遇制度です。
 昨年からはじまり、10年間、毎年100万円までの投資資金について非課税枠が設定できます。

 このNISAに関連する今回の税制改正事項は大きく2つあります。
 ひとつは変更点、もうひとつは新設。
 いずれも、今年からスタートではないことに注意が必要です。来年からです。


 変更点は、非課税投資枠が来年から年間120万円と拡大することです。
 今年までは100万円なので、年間で20万円の拡大です。

 これまでの100万円だと月あたり8.3333・・・万円。
 それではキリが悪いと当局の方が思ったのか、2016年から月10万円になります。

 これで、毎月積立投資をするときに、「10万円」というキリの良い数字を設定することができるのでありがたい(?)
 しかし、NISA口座で買える金融商品は、株や投資信託などのリスク資産に限定されます。

 毎月10万円もリスク資産に投資をして、長期に財産形成ができるほどゆとりのある家計がどれくらいあるでしょうか?・・・ギモン。


 そして、新設されるのは、子ども版NISAです。

 未成年の子どもが、NISA口座が持てるというもの。
 投資資金の出所は、親は祖父母です。
 親や祖父母が子どもや孫の名義で口座を作って、そこに、年間80万円を限度に親が祖父母のお金を入れて、子どもに代わって資産運用や管理ができるというもの。

 親や祖父母が子どもや孫の口座に自分のお金を入れるので、「贈与」になります。
 贈与の仕組みには、年間110万円までの贈与は非課税という「暦年贈与制度」があります。

「年間80万円まで」の投資資金は、この贈与の仕組みを使うことになるので、子どもや孫の口座に80万円を振り込むと、その子どもや孫は、同じ年に他にあと30万円を超えるお金の贈与を受けると、非課税枠の年間110万円を超えるたま、贈与税の申告、納税の義務が生じます。注意が必要です。

 投資資金80万円からの収益には5年間所得税・住民税がかかりません。
「5年間非課税」という点は、おとなのNISAと同じです。

 子ども版NISAのその他の特徴は、「20歳になるまで」と口座の期限が決まっている点。
「20歳になれば、おとなのNISAがありますから、そちらにどうぞ」ということなのでしょうね。

 また、子どもが18歳になるまで、子ども版NISA口座から原則お金を引き出すことができません。

 引き出す場合、利益が出ていたら課税されます。

 18歳といえば、大学進学時期と重なりますので、学資準備の仕組みとして、子ども版NISAを位置付けることもできますね。

 子どもが生まれてしばらくして子ども版NISA口座を開設し、積立投資で18歳までコツコツ運用していくのです。

 おとなのNISAは好評を博し、新たに資産運用に興味を持つ人が増えたようですが、子ども版NISAは、子ども対して「幼稚園や小学生のことから資産運用に親しめ!」と、子どもに資産運用を奨励する制度ではありません。なぜなら、資産運用をするのは親や祖父母なのだから。

 おとなのNISA口座の非課税投資枠が年間120万円では少ないと考える人向けに、子どもや孫の名義で非課税投資枠を増やす仕組みができたと考えるのが適当なのかもしれませんね。

 家族連結で考えて、非課税枠を拡大し、お金を有利に運用しようという方がいらっしゃれば、活用を考えてみられたらよろしいかも。


----------------------------------------------

■FP中村宏の著作「老後に破産する人、しない人」KADOKAWA中経出版 1,512円。発売中!!

◆この記事は、メルマガ「生活マネー ミニ講座」(「まぐまぐ」より平日毎日:無料:読者数6,000人超)にて配信したものです。
 メルマガへのご登録はこちらからどうぞ。FP中村が皆さんに毎朝メルマガをお届けします!

FPオフィス ワーク・ワークスは、お客様の「お金の心配」を解消します!
  個別相談:10,000円(1時間半)
  面談場所:東京・JR東京駅八重洲北口改札より徒歩4分。
          東京メトロ東西線大手町駅より徒歩3分。
  ※ご希望があれば、「新宿」、「調布」でも面談をすることができます・・・詳しくはHPへ。

| メルマガ「生活マネーミニ講座」バックナンバー | 07:30 | comments(0) | - |